月別記事

ブログ 今日のいもたつ

芋掘りが早かった農家

干し場作りが進んでいる農家です。
産地全体で収穫は遅れ気味でした。10月前半の天気が良くなかったからです。
この農家はそれでも早く終えたようで、準備が進んでいます。

【芋日記】

日時: |

草取りからです


ほしいも加工の準備も進めています。
干し場にするビニールハウスに取りかかりました。
最初にやることは草取りです。

【芋日記】

日時: |

ここは休耕畑です

麦が伸びてきていますが、ほしいも産地はだいぶ冬っぽくなってきたので、
このあたりで生長は止まりそうです。

【芋日記】

日時: |

閑散としています


収穫が終わると輪作の麦蒔きで、そこで今シーズンの畑仕事は終了です。
すっかり畑は閑散としてきました。

【芋日記】

日時: |

休耕と輪作

休耕畑も収穫した畑も、どちらも秋からは麦で土作りします。
休耕畑はもう伸びていますが、収穫した畑は今麦蒔きをしたところです。

【芋日記】

日時: |

スマホを落としただけなのに 2018日 中田秀夫

スマホを落したらえらい事になることは解っているけれど、よりによってとんでもないPCオタクでサイコパスに拾われたので、金銭だけでなく、命まで落としそうになる話です。

スマートフォンはその個人の分身だという台詞がありますが、確かにそうです。それとSNSのつながり問題にも言及していますが、まあ、今ではかなりSNSの広がらなさは世間では認知されているでしょう。

そんなネット社会のオタクがサイコパスを持ち合わせていたという犯人設定が面白いです。その犯人に主人公カップル麻美(北川景子)と富田(田中圭)が狙われます。
犯人は黒髪の美女を狙う連続猟奇殺人魔で、犯人と二人のパートと、警察側が犯人を負うパートで話は進みます。
その警察側にもPCオタクでしかも犯人同様の境遇だった加賀谷(千葉雄大)がいるということで対決になります。
そして、麻美にも秘密がありと、かなり捻った内容です。

犯人と加賀谷はどちらも母親から幼児虐待を受けていた過去があり、それが犯人を猟奇殺人に駆り立てます。それで加賀谷は犯人像を掴みます。
それにしてもとても似通った環境、この場合は劣悪な「あんたなんか産まなければよかった」という子供が母親から絶対に言われたくない絶望の生育の仕方だった犯人と加賀谷が、全く違う育ち方をしたことにとても驚きます。
“三つ子の魂百までも”ですから犯人を悪魔にした原因はもちろん母親にあります。けれど加賀谷は悪魔にはならなかった。
加賀谷には母親以外に彼を愛する人が、しかも強烈にそれを加賀谷に届けようとする人がいたのか、彼自身が乗り越えようと必死だったのか、多分その両方なのでしょう。
この二者の違いがとても興味深かったです。

また、麻美の過去も壮絶なのですが、麻美はそれを乗り越えようと足掻いていて、足掻くだけでなく、それを現実に手にできる(富田の愛で)物語でもありました。

【銀幕倶楽部の落ちこぼれ】

日時: |

いずみだから

たかおさんもすっかり収穫が終わっていました。
平年よりも少なめの量です。
いずみが中心だからで、今年はいずみはどこも苦戦しています。

追伸
11/7は「立冬」です。二十四節気更新しました。
ご興味がある方は、干し芋のタツマのトップページからどうぞ。
干し芋のタツマ
二十四節気「立冬」の直接ページはこちら
立冬

【芋日記】

日時: |

ALBOS TRIO LIVE vol.2

albosトリオとは、若い女性3人の音楽グループで、そのコンサートにいきました。
ピアノ、マリンバ、パーカッションでの演奏ですから、明るくリズミカルな演奏です。
第一部8曲、第二部6曲、そしてアンコール2曲で、質の高い演奏を楽しみました。

演奏を聴いていると映画が思い浮かんできます。
ポップな曲では、トムとジェリー島のアニメ。
抑え気味のマリンバとピアノに程良いドラムが加わると、まるで、チャップリンが登場しそうな気がしてきます。
「スペイン」という曲では、アラン・ドロンとジャン・ギャバンの「シシリアン」や「地下室のメロディー」が頭に浮かびました。
「だったん人の踊り」はハリウッド映画の大作のようです。
「Fire Dance」はアクションが効いたサスペンス映画のよう。
アンコール曲は「ホームアローン」でした。

楽しい時間を過ごせました。

【芋日記】

日時: |

小芋と呼びます

ほしいもの原料芋は大ぶりで、それよりも小さいものは種芋にしますが、
それよりも小さいけれど、充分焼き芋やてんぷら等にできる芋を、
小芋と呼び、いくらか収穫します。

【芋日記】

日時: |

芋掘りも最後

11月に入ると、ほしいも産地の朝はぐっと冷え込みます。
掘り起したサツマイモは、どんどん収穫していきます。

【芋日記】

日時: |